こみっく☆すたじおというちっちゃな女性が格闘コミックを描くラブコメコミック

恋と嘘が、何やら赤い糸的意味で楽しそうに思えて読みました。ムサヲという知らないアーティスト氏が描いたコミックという点もネタでした。恋と嘘というだけに、ともかく初恋がマターのストーリーから始まっていて、しかも高校生年間という一番多感な歳という所も良い感じでした。主役が、根島由佳吏という15年のハイスクールで、別称がネジという、そのまんまな感じです。けれども、恋と嘘というからには、何か押し隠すお話があるのだろうと勝手に推測しながらのリーディングですね。そういう由佳吏って呼び名のダディーという所が、最初の指摘所ですが、考えとしてゆがみだと思うので気持ちよくスルーしておきます。ヒロインは、トップにもいたマミーで高崎氏と呼ばれていますね。ダディーが敬語で話して仕舞うぐらい眩しいマミー生徒とか、現実にいるのか不安になる水準だ。恋と嘘の世界では、政府アラート至るものがあって、恋がストップでナショナリズムが決めた相手方という結婚するとかいう流れになっていました。いわゆる超少子化答えという事ですが、これって非モテなタイプにとってはある意味トップな世界ではないでしょうか。取り敢えず、相手方が誰になるのかわからないのはスリリングですけどね。彼は高崎氏に、こんな世の中なのに吐露しようとしているから勇者だ。強引に近所の公園に主人を呼び出し、勝手に待ち受けめくるネジは、遅くなっても律祭礼に現れた高崎氏って会います。しかも、まさかの両意識だったとか、何だこういうリア充野郎共は、なんて思っちゃいました。そんな時に政府アラートが来て、とき高崎氏が相手になるも、直後に違う結果になるとか意味がわかりません。それでも、そろそろがブライダル相手にのぼる新人材が出てきたりして、恋と嘘が熱いストーリーになっていくのです。突如出てきたツインテの輩が、また異様に美少女で、初っ端から罵倒達する神さま発達。はい、再びツンデレキャラ確定で、長時間怪しい事を言っておきながら微妙にデレていただける。新たなヒロインの表示に萌えは止まる会社を知りません。わかっていてもふっと萌えてしまう、それがツンデレの正攻法と言えることでしょう。